STRUCTURE

見えない基本構造・基本性能が、住まいの安心を支えています。

建物全体をしっかり支える強固な基礎

建物全体をしっかり支える強固な基礎

N値(エヌチ)50という硬い地層が5m連続する、建物の重さに充分耐えられる地中深くの支持層まで、現場打ちコンクリート杭を貫入し、支えています。これにより、地震時には、地震に抵抗できる強度と剛性を確保しています。

遮音性能の二重床・二重天井構造

LL−40等級※の遮音性能の二重床・二重天井構造

上下階住戸へ生活音の伝わりを軽減するため、床スラブ厚を250mm以上確保。さらに、LL-40等級の置床式二重床を採用することによって、遮音性に優れた建物構造を目指しています。

遮音&断熱&結露防止の外壁・戸境壁

遮音&断熱&結露防止の外壁・戸境壁

躯体のコンクリート厚を、外壁150mm以上、戸境壁180mm以上に設定しました。また、外壁部には断熱材を入れ、断熱性、省エネ効果を高めるとともに、結露の防止にも努めています。

耐震アプローチ・ホール天井

耐震アプローチ・ホール天井

多くの人が利用する駅舎の耐震天井から生まれた「耐震Power天井」をアプローチからエントランスホールに採用。特許技術の耐震構造がマンションのホールから出入り口を守り、万が一の地震発生時にも、脱出経路を確保します。

耐震壁のダブル配筋

耐震壁のダブル配筋

地震時に建物にかかる水平力が作用する耐震壁に、よりねばり強さを発揮する二列配列のダブル配筋を採用しています。※一部壁を除く

堅牢な鉄筋コンクリート造

堅牢な鉄筋コンクリート造

柱や梁、壁に流し込むコンクリートはセメント量に対して加える水分量を55%以下に設定して、コンクリートの収縮を低減。建物の耐久性を高める、より堅牢な造りになっています。

マンション全体を包む断熱構造

マンション全体を包む断熱構造

住戸内の冷気や暖気を逃がさないようにすることが夏は涼しく、冬は暖かく暮らすポイント。外壁全体に断熱材を入れ、また建物屋上には断熱材を内部ではなく外部に施工した外側断熱工法を採用。建物全体を包むように断熱材を施しています。 

耐久性の高いコンクリート

耐久性の高いコンクリート

主要構造体である柱や梁に、33〜48N/㎟のコンクリートを採用しました。緻密で劣化しにくく、耐久性の高いコンクリートです。

地震時・停電時・火災各種管制運転付きエレベーター

地震時・停電時・火災各種管制運転付きエレベーター

地震の初期微動をキャッチし、最寄りの階に着床。停止しても安全が確認されると、自動的に地震時管制運転を再開。停電時・火災時も液晶表示と音声で利用者を速やかに案内します。また、エントランスの開鍵に連動する事により、1Fへエレベーターを呼び寄せる「オートロック連動運転」など防災とセキュリティ性に優れたエレベーターを採用しています。

防音性に優れたサッシ

防音性に優れたサッシ

毎日を快適にお過ごしいただけるよう、外部からの音を軽減する防音性に優れたサッシを採用しています。

消音効果を高めた排水設備

消音効果を高めた排水設備

パイプスペース部分などの壁は可能な限り天井・床スラブまで二重のプラスターボードを貼り伸ばし、グラスウールを充填しています。

コンクリートかぶり厚

コンクリートかぶり厚

パイプスペース部分などの壁は可能な限り天井・床スラブまで二重のプラスターボードを貼り伸ばし、グラスウールを充填しています。